スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田孝之 伊勢谷友介 「十三人の刺客」 日本映画専門チャンネル

時代劇 2010年 日本 東宝

監督 三池崇史

出演

山田孝之 伊勢谷友介 伊原剛志 光石研 役所広司

古田新太 市村正親 六角精児 稲垣吾郎

沢村一樹 高岡蒼佑 石垣佑磨 松方弘樹

吹石一恵 谷村美月

斎藤工 阿部進之介 内野聖陽 岸部一徳
平幹二朗 九代目松本幸四郎

脚本 天願大介

原作 池宮彰一郎

製作総指揮
中沢敏明 ジェレミー・トーマス 平城隆司

製作
上松道夫 島谷能成 島本雄二 大西豊 町田智子 脇阪聰史
吉田鏡 武内健二 荻谷忠男 喜多埜裕明 大宮敏靖 伊藤裕造
柘一郎 濱幾太郎

プロデューサー
大野貴裕 吉田浩二 前田茂司 梅澤道彦 市川南 白石統一郎
宇生雅明

***
あらすじ

明治維新が起きる二十三年前。

将軍の腹違いの弟である明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)
は悪逆非道の限りを尽くしていた。
老中は、御目付役・島田新左衛門に暗殺の密命を下す。

島田はそのための手勢を集める。
斉韶が参勤交代で江戸から明石へ帰国する道中を狙う。

新左衛門含む十三人

斉韶勢数百の戦いの火蓋が切って落とされた。

***

おもしろかった。

特に最後の戦闘場面はサイコー

五十分もあるんだ。
そんな長くは感じなかった。

おもろー
と鑑賞中になんども声が出た。

なのに
書くことがない… なんか引っかかる…

大皿で出てきたスゴイ刺身盛。
豪華で旨いが、
なんか薄味? と首を傾げる。
感じかな。

***

当然
名作七人の侍が重なる

侍を何人か集めて〇〇を倒す。
が骨子なので。

そのせいかな…

実際、
古田新太は稲葉義男で、

山田孝之は宮口精二?
伊原剛志かな?

山田孝之は木村功かな?

まぁ、そんな感じ。


やっぱり比較すると
かなりライトなつくりです。

すべてにおいて軽い感じは否めませんね。

なんとなく…
もったいないんですよね。

あともう少しで
名作の仲間入りできたかもと思うと。

その手前で止まった感じ。

せっかく上手に作った人物達なんだから、
人間的な奥行きにもう少し迫ったらよかった。

先に挙げた三人はその資格がある。

やや扱いが乱暴。
ゲームライクな感じ?

シナリオは天願大介(てんがん だいすけ)

あと二人加えて、

山田孝之で一本書く。
彼の人間から発生するドラマね。

伊原と古田新太でもそれをやる。


合流させる。

が良かったのでは。

ほんとにもったいない。

彼らの人間的な魅力が出きれてない。
ストーリーが剥いだ感さえある。

まぁ、欲を言えば
伊勢谷友介、六角精児あたりもそれをやれば
もう完璧だったと思う。

人間を見せる要所要所で
新味がないんですよねー
なんか説得力に欠ける。

さらーっと流れていく感じ 笑

たとえば、山の近道の場面。
みんなおとなしくついていく…
なんかないですかねー
違うことしようとする人がいないですか?
そういうメンドクサイ人描きましょうよ。
横道それましょうよ。ちょっとぐらいは。

それが後で効いてくれば尚可。

まっ、逆にいえば
そういうライトな人物造形と流れの中で、
役者と監督が頑張って、
かなりのラインまで引き上げた。
という見方もできますか。

伊勢谷友介なんて完全にマンガチック。

昨今の邦画の流れだから仕方ないんですかね。

まぁ、ぼくのような中年映画好きが満足するような作品は
たぶんウケが悪いんでしょうね…
実際、人間描くと、ストーリーの流れがそこで止まりますしね…


ラストの戦闘シーンは迫力あります。
があれだけ爆弾あるんなら、
山の険しいところで爆弾でやった方が
殺害するにはいいような…

意地の悪い見方ですかね?

今村昌平の、人間の骨太な生命力を描く、
その半分の半分の半分でもあれば
と思って天願大介をググると、
なんと今村さんの息子さんなんですか!

驚いた。

ということは、
今流の人間の描き方はコレなの?
と思ってしまったりして 笑

いやいや、
だからこそ
邦画のゲームライクな方向に
楔を打ってください。

ゲームに負けない
映画ならではの表現力を見せてほしい。

映画は人間の光と闇を描く、その奥深さを描くもので、
だからこそ人間を学ぶための手段にもなりうるということを、
我々現代人に再認識させてくださいね。

期待してます。

*
山田孝之を初めとする、昨今の若い俳優さんの、
想像力と表現力はスゴいなー とまた感心した。
どっかで日本人のDNAが書き換えられたのか。
と思うほどスゴいね。なんだろ。

ほんと、山田孝之よかった。ファンになりそう。

役作りのみならず、作品のタイプというかなんというか、
作品が求めているリアリティ。その匙加減?
そういう、まだ見ぬ作品の外観をやる前から完全に掴んでいる。
という感じがする。

今の若い役者さんスゴイ。ほんと感心する。

だからこそ… クドイ?


日本映画専門チャンネルで視聴。
スカパーHD

あっ、稲垣吾郎。よかったです。
残忍な藩主に見えました。
スマップでいちばんいいかも。

山田孝之  Amazon ↓

伊勢谷友介

三池崇史

伊原剛志

光石研

役所広司

古田新太

市村正親

六角精児

稲垣吾郎

スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 十三人の刺客 日本映画 時代劇 山田孝之 伊勢谷友介 三池崇史 伊原剛志 光石研 役所広司 稲垣吾郎

コメントの投稿

非公開コメント

高画質・高音質




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。