スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニー BDP-S370 とS380 とS190

SONY
BDP-S380

が後継機で

9月にはBDP-S190が出る

380が出たとき、
HDD対応なので買いかと思ったがスルーした。

音声の光出力が省かれていたから。

今回は…
HDDの対応も外された。

光デジタル音声もなし。

コンポーネント出力も省いた。

新たに追加されたのは、
インターネットに接続してBD-LIVEに対応したディスクを再生すると、
さまざまなボーナスコンテンツのダウンロードやインタラクティブ機能を使った
ゲームなどのコンテンツを楽しめます。
という「BD-LIVE」対応。

自家録画したDVDの再生を主にしている僕には無関係ですね。
ネットの動画はパソコンで見ますから。


S370のことを少し書けば、
ローディングはコレでも十分に速いです。

電源OFFの状態からトレイオープンまで3秒、
再生押して13秒ぐらいで画像が出ます。

言うまでもなく録画機とはスピードがだん違いです。
ブルーレイも速いです。

なにより
稼動音が静か。ないといってもいいぐらいです。


今まで読み取れなかったDVDは一枚もなし。←コレが最重要。


HDD対応の S380 はちょっと惹かれますが、
入れてあるドラマの連続再生とかはしてくれないでしょうしね。

DVDはタイトルを次々に再生してくれますから。

ネット動画をテレビで見たくなたっら買い?

ですかね?


ソニーストア


スポンサーサイト

テーマ : ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

高画質・高音質




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。