スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルフォンソ・キュアロン『トゥモロー・ワールド』クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア

監督 アルフォンソ・キュアロン

脚色 アルフォンソ・キュアロン ティモシー・J・セクストン デイヴィッド・アラタ マーク・ファーガス ホーク・オツビー

原作 P.D.ジェイムズ

製作総指揮 トーマス・エー・ブリス アーミアン・バーンスタイン

製作 ヒラリー・ショー マーク・エイブラハム Tony Smith エリック・ニューマン イエン・スミス

撮影監督 エマニュエル・ルベツキ

出演
クライヴ・オーウェン
ジュリアン・ムーア
キウェテル・イジョフォー

SF 2006年 アメリカ イギリス

* * * ストーリー

2027年11月。イギリス。ロンドン。

2009年に人類は生殖能力を失った。

その年に男の子が生まれて以降、18年間、
世界中でただの一人も子供が生まれていない。


どこの国も情勢は不安定。
内乱と戦争に明け暮れている。

イギリスは治安維持のため8年前に国境を閉鎖。
不法に入国した者は国外追放。

そうして治安をどうにか保っている。

どこに行くにも通行証が必要。

街のあちこちに武装した兵士。
逮捕者は街中に設置された檻に入れられ、
容赦なく収容所行き。


エネルギー省なるところに
勤務するクライヴ・オーウェン。
ある日、何者かに誘拐される。

彼らは入国者の人権を守るために、
政府と戦うレジスタンス。

要求は
ある女性をとある場所まで運んでほしい
というものだった。

クライヴ・オーウェンはそれを受け、
過酷な旅が始まる。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

リターナー 金城武 鈴木杏

さっき日本映画CH(スカパーHD)で見ました。

鈴木杏が宇宙服みたいの来て宇宙人と撃ち合いしている。
のでコリャアカンと思いましたが、
ハラハラドキドキで100点満点
な作品でした。

金城武はやっぱりカッコエェェェ。

鈴木杏もサイコー。

金城武じゃなかったらいろんな場面が浮いていたかも。
その横に鈴木杏がまたぴったりはまっている。

あーおもしろかったー

最後はホロリまである。
山崎貴監督はサイコーだ。

SF見て胸が温かくなったのは初めてです。

山崎監督。もっと作ってくれー
高画質・高音質




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。